御祓い・除霊の陰陽師新井健一郎の公式webサイト

神仏を祀るに付いて

神仏を祀るに付いて重要なことです。全文読んで下さい。

こちら_01

私の所に来る御客様の中で、神仏の怒りをかってしまっていた人達や祟られた人達が多数います。

神棚を造り自分の気に入った神の護符、榊、塩、米、酒、水を供えて準備し願い事をするだけにする、佛にしても自分の気に入った佛の護符、仏像を置き仏花、お茶、水を供えて準備万端、後は願い事をするだけになっている方が多いです。

  1. 神仏に聞いた所、神仏を祀る場合、祀る事の出来る人の場合(霊能者を除く)一般の人は、普通神様は二柱、氏神様ともう一柱。但しその人にとり縁ゆかりの深い神がいる場合のみでもう一柱追加出来るそうで合計三柱迄です。
  2. 又、佛様の場合二体以上はダメです。また自分の先祖の菩提寺の本尊と他一体のみで佛様は二体迄となります。これを守らねば神仏の怒りをかうことになってしまう。

 

神仏を祀れない人(家や事務所に神棚や仏像を祀れない人)はと言うと、神仏いわく、

神様や仏様のどちらか一方を一度駄目にしている先祖がいる場合です。例えば、先祖が稲荷を祀っていたが代替わりして子孫が神事やらなくなり、返しに行きもせずこの様な状態で祟られた場合等はその子孫達は、未来永劫に神仏は祀ることは出来きません。

神様を駄目にした場合佛様も祀れないし、佛様を駄目にした場合神様も祀れません。先祖では無く自分が駄目にした場合も同様となります。(但し菩提寺の佛は除く)

祀れない人の場合護符などを買い求めても御霊は入らないと言っていました。(御霊抜けしてしまいます。)但し、祀れない人でも神社、仏閣に直接参拝することはできるそうです。

 

御霊抜けした護符やお守りを祀っていたり持っているとどうなるの?

驚き

神仏の御霊が入っていない護符や、お守り等はただの紙切れと同様ですが、悪いことにその護符やお守りには良くないものが入りやすいのです。

では霊的な現象を受けてしまっている貴方はどうでしょうか?

お守り、護符を沢山持っているはずですが? 神仏にすがりたい気持ちは解りますが、持っていると逆効果です。

神仏に怒られ、祟られている場合で霊的な現象がある場合には、貴方の持つ護符やお守りには、悪神、魔物、悪魔、妖怪等というものが入っている事でしょう。

貴方は、それに向かい拝んだり、願ったりしているのです。

即刻、返納するか、焼き捨てる事をお薦めします。お祓いをする場合の邪魔にもなります。

お祓いに邪魔になるもの    ☜クリック

このウィンドウを閉じる

30分無料お問い合わせ TEL 080-5093-4402 受付時間 AM10:00~PM7:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ©陰陽師新井健一郎 All rights reserved All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.